ちゃんちゃんブログの地球一周

3回のセブ島留学、留学相談などで1年くらいセブ島に滞在して海外、旅が好きになりました。セブ島留学や英語勉強、写真、動画などについてあなたに役立つ情報を書いています。

【失敗をしたくないあなたへ!】13個のフィリピン留学リアル失敗談と対策方法!

フィリピン留学に行きたいんだけど、ネットでいろんな失敗談を見て、

自分も失敗するんじゃないかって不安っていうあなたへ。

 

結論から言うと、フィリピン留学に行く前に、

事前準備をする事で留学中に失敗しない対策をする事ができます 。

 

この記事の最後には

「フィリピン留学前にできる事前準備リスト」を載せておくので

メモを取ったり、この記事を読みながら準備をするのをオススメします。

 

 

さて、今回はフィリピン留学の「リアルな失敗談」について書いていくんですが、

ここに書かれている失敗談は

僕が実際に体験したり、100人以上の留学生インタービューをした内容を書いているので全て実話の体験です。

 

 

・英語力での失敗談
・生活面の失敗談

・授業の失敗談

・学校選びでの失敗談

・交友関係の失敗談

・食事の失敗談

 

この7ジャンル、合計13個の失敗談を元に、どうすればフィリピン留学を失敗せずに

終われるか書いて行くので、ぜひ最後まで目を通して、

 

フィリピン留学で失敗しないための準備をしていってください。

 

 

 

 

 

本当にあったフィリピン留学失敗談【英語力編】

 

f:id:chankkk:20200202150029j:plain


 

失敗談①フィリピン留学に行く前にもっと勉強をしておけばよかった

 

いきなりですが、数多くのフィリピン留学者の中で、

1番多かった失敗談がこの「日本でもっと勉強をしておけばよかった」です。

 

色んなサイトで失敗談見ても書いてあると思いますが、

そのくらい留学前の勉強をしなかった事で失敗をした人が多いという事です。

 

特に英語初心者の場合、事前に英語の勉強をしておかないと

先生が何をいっているかさっぱりわからないし、自分が言いたい事も全く言えないという

最悪の状態に陥ってしまいます。 

 

 

【 失敗しないためにどうすればいいか?】 

 

フィリピン留学の前に日本で「中学校レベルの英語」を覚えておく

 

中学校レベルの英単語・文法を覚えておくと

ある程度の英会話、英語でのコミュニケーションが取れると言われています。

(気になる人は下の記事も読んでみてください。)

oyajitimes.xyz

 

中学レベルの英語なら、空いた時間に1人で勉強をする事が可能ですし

なんとなく覚えている英語もあると思うので誰でも勉強する事ができます。

 

 

「フィリピン留学を失敗しないためのワンポイントアドバス」

 

フィリピン留学に行って初めて会う先生や最初の授業の時に

 

「自己紹介をしてください」

「なんで英語を勉強しようと思ったの?」

「なんで他の国じゃなくてフィリピン留学を選んだの?」

って耳にタコができるくらいたくさん聞かれます。 

 

事前に中学校レベルの英語を勉強しつつ、この3つの質問に対しての答えもあらかじめ勉強をしておくと

先生達も「この人ちゃんと勉強しているな」って向き合ってくれます。

 

 

 

失敗談② フィリピン留学に行く目的が曖昧だった。

「突然ですがあなたがフィリピン留学をする目的はなんですか?」

と聞かれた時に誰にでも堂々と言える目的がある人はいいんですが、

 

「英語を覚えたら将来役立ちそう」

「外国人と話せたらかっこいいから」

「英語を使って仕事ができたらな〜」

といった感じで留学をする目的が曖昧な人はこの先留学で失敗をする可能性が高いです

 

 

 20代後半女性の失敗談なんですが、

「日本で仕事を辞めて、次の仕事まで時間があったから留学に来た。

特に目的がなかったからダラダラ過ごして終わってしまった」という失敗談。

 

はっきりとした目的がないまま留学に来てしまうと、英語が覚えられなくても別にいいや。とダラダラ過ごす事になってしまったり、

周りの留学生のモチベーションに押し潰されて「英語なんてやりたくない」って勉強を投げ出してしまう可能性もあります。

 

フィリピン留学に来る人の目的を大まかに5つに分けると

 

①仕事で英語を使うため

TOEICでいい点数とりたい

③旅行などで英語を使いたい

④ワーホリ前にフィリピンで英語の基礎を学ぶ

⑤旅行気分で英語の勉強も少ししたい

もちろん人それぞれ目的はバラバラですが大体この5つに当てはまります。 

この①〜⑤の目的をさらに深く、

 

①「仕事で外国人とメールをするためにビジネス英単語・文法を覚える!」

②「就活・転職でいい結果を出すためにTOEIC 800点以上を取る!」

③「1人で旅行で行っても不安にならないくらい英会話力をつける!」

④「英語ネイティブの国に行っても通用する英語の発音を覚える!」

という感じで、はっきりとした目的を持つ事が大切です。

(⑤の人でももちろん目的は大切ですが。笑)

 

今もう1度、あなたがフィリピン留学をする目的、具体的にどのくらい英語力を伸ばしたいのか

考え直してみてください。

 

 

 

失敗談③ 想像以上に英語力が伸びなかった

 

「自分が想像していたより英語力が伸びなかった」という失敗談も多くありますが、

逆に、「想像以上に英語力が伸びた!」という意見もたくさんありました。

 

はっきり言って、英語力が伸びる人と伸びない人の違いは留学前のイメージにあります

英語力が伸びなかった!という失敗をしてしまう人は

留学前にどのくらい英語力が伸びるかを事前に調べず、「留学に行けば英語がペラペラになる!」と思っているから失敗をしてしまうんです。

 

人にもよりますがフィリピン留学をする人は大体1週間〜3ヶ月くらいの留学期間の人が多いです。

たった3ヶ月のフィリピン留学で英語がネイティブのようにペラペラになるわけがないですよね。

 

 

【英語力が伸びなかった!と失敗しないためにはどうすればいいか】

 

留学に行く前にどのくらい英語力が伸びるのか把握をしておく

 

たったこれだけです。

 

今この記事を読んでくれている人がどのくらいの期間留学をするかはわかりませんが

 「フィリピン留学 〇週間」「フィリピン留学 ◯ヶ月」

と調べたらどのくらい英語力が伸びるか簡単に出てきます。

 

www.chan9.xyz

自分が留学をする期間でどのくらい英語力が伸びるかを調べ、

「このサイトに書いてある以上に英語力をつけるぞ!」

とモチベーションを高くして留学に行くと英語力が伸びないという失敗を防ぐ事ができます。

 

 

本当にあったフィリピン留学失敗談【生活編】 

 

f:id:chankkk:20200202150244j:plain

 失敗談④ ルームシェアが合わなかった、つらい帰りたい。

 

この失敗談は特に女性に多いんですが

フィリピン留学では費用を減らすために、3人部屋4人部屋などルームシェアをしながら留学する人が多いです。

 

ルームシェアをしながらフィリピン留学をすると

・同じ部屋の人と仲良くなれて簡単に友達ができる

・物の貸し借りができて生活が楽になる

・朝起きるのが苦手な人は起こしてもらう事もできる

といったようにメリットもあるんですが、

 

 

・寝るタイミングが合わなくて、電気を消すタイミンがない

・冷房の調節を自分好みにできないから暑い。(もしくは寒い)

・同じ部屋の人が帰ってくるのが毎日遅くて寝ている時にうるさい

など、どうしてもうまく関係を作れなくて、ルームシェアが嫌になってしまう人もいます。

 

部屋でストレスを感じてしまうと、なかなか眠れなかったり、

寝不足になってしまった英語の勉強にまで支障が出てきたりします。

特に今までルームシェアなど共同生活をした事がない人は気をつけたほうがいいです。 

 

【留学中のルームシェアで失敗しないためには】

 

途中で1人部屋に移動ができるか留学前に確認をしておく事

 

「私はルームシェア平気だから大丈夫!」って留学前に思っていても

やっぱり無理!ってなってしまう可能性は0じゃないと思います。

なので、フィリピン留学に行く前に、

・途中から1人部屋に移動する事は可能なのか

・部屋移動をする時に追加でいくらかかるのか

っていうのを確認しておきましょう。

特に気をつけなければいけないのは、共同部屋から1人部屋に移動する場合はお金がかかる場合が多いです。 

例えばセブ島のQQ Englishでは1人部屋と6人部屋で1週間で約2万円の差があります。

f:id:chankkk:20200131152954p:plain

 QQ Englishの料金はこちら↓

学習プラン・料金一覧 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

 

学校や期間にもよりますが、複数人部屋から1人部屋に移動する際に

数万円〜十数万円かかってしまう場合もあります。

 

ルームシェアが嫌すぎるけど、部屋移動ができないから我慢するしかない。」とならないようにも

 

・途中から部屋移動をできるのか

・部屋移動をする時はいくらかかるのか

というのを事前に調べておきましょう。

 

 

失敗談⑤子供が多くてうるさい

 

静かに勉強したいのに子供がうるさくて全然集中できないという失敗している人がたくさんいます。

 

今では英語を子供に覚えさせる親も多いですし、留学先の学校によっては子どもを対象にした

留学キャンペーンをやっていたりするので小さい子供が多い語学学校もあります。

 

特に春休みや夏休みの長期休暇のシーズンは子供が団体で留学に来る事もあります。

子供があまり好きではない僕は、30人くらいまとめて子供が留学に来た時は失神しそうでした。笑

 

高いお金を払って留学に来たのに子供がうるさくて勉強できなかった。と失敗しないように

 

「小学生や中学生が休みのシーズンを避けて留学に行く」

 

・春休み

・夏休み(特に多い)

・冬休み

ゴールデンウィーク

この4つのシーズンが1番子供の留学生が多い時期です 

 

子供が好きではない人はこのシーズンを避けて留学をするか、

留学をしようと思っている語学学校に子供がどのくらい留学をしているか確認をした方がいいです。

 

 

失敗談⑥ 水回りが思いのほか汚い

 

・トイレットペーパーが流せない

・シャワーがお湯に変わるのが遅い

・排水口が詰まって水がたまる

「多少は想像してたけど思ったより汚くて嫌だった。。。」

っていう女性の方もなかなか多いですが、フィリピンではこれが普通なんです。

 

水回りで嫌な思いをしないためには...

 

「なるべく綺麗な学校を探す。そもそも期待をしたらダメ!!!」

 

今ではネットでフィリピンの語学学校を探せば、

トイレやシャワーなどの写真があると思います(実物の10倍くらい綺麗に見えるけど)

写真でなんとなく雰囲気はわかると思うので写真を見てから1番綺麗な学校を選ぶのと、

 日本のような綺麗なものを期待してはダメです

はっきり言って、日本の水回りが綺麗すぎます。笑

フィリピン=水回りが綺麗じゃない。って最初から思っておくのがベスト。

最初は「汚い!」って思っていても使っているうちに慣れてきます

 

元から期待せずにフィリピンへ行くのが1番いいです。

 

 

 本当にあったフィリピン留学失敗談【授業編】

 

f:id:chankkk:20200202150356j:plain

 失敗談⑦ グループクラスのレベルが高すぎてついていけない

まだフィリピン留学に来たばかりの人や英語初心で留学をした人に多いんですが、

 

・他の日本人の人たちの前で英語を使うのが恥ずかしい

・同じクラスのみんなが英語上手で全然ついていけない

というような理由でグループクラスが嫌になり、サボってしまう。

 

1度サボるようになってからなかなか授業に行けなくなって、同じクラスの人と会うのが気まずくなる

っていうまさに負の連鎖の失敗談です。

 

学校側もなるべく英語力の近い人同士を同じクラスにしてくれるんですが、

グループクラスでうまく溶け込めなかったっていう事は以外とよくあったりします。

 

せっかくお金を払って授業を申し込んでいるのにサボってしまうのは勿体無いですよね。

 

 

【グループクラスで失敗しないためには】

 

①最初の1回目の授業が超大切

②グループクラスを無しにする

 

まず1つ目の「最初の1回目の授業が超大切」についてですが、

どれだけ下手くそでも恥ずかしくても勇気を振り絞って堂々と発言をする事 

グループクラスの授業で失敗しないためにも出だしでくじけず堂々と話しましょう。

英語初心者は特に「自分の英語力は低いから」って気になるかもしれませんが、

周りの人はそこまであなたの英語力を気にしていません。

むしろ、「この人頑張ってるな〜」って尊敬をしてくれます!

 

どうしても「レベルについていけない!」って思ったら、学校のスタッフに

もう1レベル下のグループクラスに入れてもらうのもいいと思います。

 

②グループクラスを無しにする

お金がかかるケースが多いですが、グループクラスを1対1のクラスに変更できる

学校が多いです。

もし本当にグループクラスが嫌になったら1対1のクラスに変えてもらいましょう。

 

 

失敗談⑧ 授業が多すぎて毎日しんどい

 

フィリピン留学の1日の授業数は大体6〜8コマくらいあります。

学生の頃は毎日6〜8時間の授業もへっちゃらだったけど、

大人になって何時間も座って勉強って結構疲れます

 

1日8時間くらい勉強した後に、予習や復習をするとなると1日がむちゃくちゃ長く感じ、少しずつ授業をサボってしまい、

結果的に何時間もサボってしまったっていう失敗談も少なくありません。

 

 

これは留学中のアドバイスになりますが、

もし、授業が多すぎて辛かったり、1日が長く感じるくらいだらけてきたら、

6〜8コマあるうちの1,2コマをフリートークの授業に切り替えるのがオススメです

 

先ほどのグループクラスの時にも話したように、せっかくお金を払って申し込んだ授業をサボるのは勿体無いです。

サボるのであれば授業をフリートークに変更して雑談でもいいから英語を使っていた方が勉強にもなります。

 

・恋バナ

・趣味の話

・日本の話

どんな話でもいいので先生と1対1で話してみてください。

 

【留学中のワンポイントアドバイス

 

授業数の多さに限界を感じたら1日の授業数を減らしてもらう事も可能

 

8コマあった授業を6コマにしてもらったり、

半日だけにしてもらう事もできます。

授業を減らさずサボり続けてしまうと、あなたの勉強のモチベーションも下がってしまうので、

サボるのであれば、授業数を減らし、自習なら自分の好きな事をする時間を作るのをオススメします。

 

 

本当にあったフィリピン留学失敗談【学校編】

 

f:id:chankkk:20200202150515j:plain

 失敗談⑨ 門限が早すぎる

※フィリピン留学では、学校内に寮などがあるので、そのイメージで読んでください

 

学校によってですが、22時が門限。23時が門限っていう学校もあります。

大の大人に門限ってなんだよ!って思うかもしれませんが、本当にあるんです。

せっかくフィリピンに来ているのに門限のせいで全然遊びにいけなかった

そんな失敗談です。

 

フィリピン留学中の門限で失敗しないためには

 

自分がどのような目的で留学に行くのか再確認してから学校選びをしよう

 

・授業後は外に出かけて遊びも楽しみたいのか

・留学期間は1歩も外に出ない勢いで勉強を頑張りたいのか

自分の目的に合わせて学校選びをするのが門限で失敗をしないコツになります

 

もちろん門限がない学校であれば夜の外出は自由で何時まででも遊べますが

毎晩遊んでいたら授業がおろそかになってしまいますし、

逆に遊びに行きたいのに門限が厳しすぎて外に出れないってなると

ストレスが溜まっていき勉強がおろそかになってしまう可能性もあります。

 

自分でしっかり「遊ぶ時間」「勉強する時間」の区切りをつけれる人は門限なしの学校

ちょっと厳しく頑張りたい!っていう人は門限ありの学校に行くのがいいと思います。

 

ただ、あくまで日本ではなくフィリピンなので、

夜遅くに1人で出歩くのは安全とは言えません。

遅くに出歩く時は大人数で行くか、明るい場所を選んで出かけるようにしましょう!

 

 

失敗談⑩日本語が話せるスタッフがいなくて困った

 

フィリピン留学をする時に

「せっかくの留学だし日本人がいない所に行って勉強頑張るぞ!」と気合が入りすぎてしまい日本人スタッフがいない学校を選んでしまい、

困った事があった時に日本語が通じるスタッフがいなくてうまく伝えられなかった

という失敗談を聞いた事があります。

 

具体的にどんな事があったかというと

・教えて欲しい事があるけど英語でなんて聞けばいいのかわからなかった

・体調不良だけど自分の症状をうまく伝えられなかった

・英語で説明をしてもらったけど全然理解できなかった

 

このような事があり、「日本語が話せるスタッフがいる所に行けば良かった」と失敗した人もいます。

 

特に英語初心者の人は

最初から日本語が通じない所に行くのではなく日本人や日本語を話せる人がいる学校を選んだ方がいいです

 

 

【ワンポイントアドバイス

語学学校のホームページに「日本語対応可能なスタッフがいます。」って書いてあっても

毎日ではなくて週に数日だけっていう可能性もあるので日本人スタッフが

 

①毎日いるのか

②毎日ではないなら週に何日いるのか

③何時から何時まで対応してくれるのか

この3つを留学前に確認しておく事で失敗を防ぐ事ができます。

 

 

本当にあったフィリピン留学失敗談【交友関係編】

 

f:id:chankkk:20200202150646j:plain

失敗談11 友達ができなかった

 

「英語力はついたけど友達が全然できなかった」と言っていた失敗談

理由を聞いた所、ずっと部屋にこもって勉強したらしい。

(僕は逆に友達ばかり作って自習をおろそかにしてしまいました。笑)

 

 

フィリピン留学中に交友関係で失敗しないような友達の作り方は

とにかく自分から積極的に声をかける事です 

 

・ご飯の時間

・グループクラス

・同じ部屋の人

誰かとコミュニケーションを取れる時間は結構たくさんあります。

特にフィリピン留学に来ている人はオープンでフレンドリーの方が多いので、

声をかけて嫌がる人は少ないですし、声をかけて欲しい人も中にはいます。

 

同じ時期に同じ学校に留学しているなんて奇跡に近いものですし積極的にコミュニケーションを取りに行きましょう。

 

www.chan9.xyz

 

 

失敗談12 日本語ばかり使ってしまた。

 この失敗談も多くの留学経験者が答えた物なので留学に行く前の人は

しっかりと覚えておいて欲しいです。

 

英語を覚えるために留学とはいえ、やはり日本人ばかりで集まってしまうケースが多く

どうしても日本人と日本語で会話をする回数が増えてしまいます。

 

授業が17時に終わり22時まで友達と日本語で話していたら

1日5時間、つまり1週間で35時間も英語で話す時間を無駄にしてるんです。

1時間の授業が35個分です。かなり勿体無いですよね。

 

留学経験者達も時間は勿体無い事は分かっているのになぜ日本語を話してしまうかというと

 

・自分の英語に自信がない

・授業以外に英語を使うと疲れる

・日本語じゃないと気軽に声をかけられない

という意見が多いです。

 

確かに、日本語でのコミュニケーションを取って他の留学生と仲良くなるのも大切ですが、

日本語を話し過ぎてしまった。と留学を失敗しないようにするには

 

ゲーム感覚で日本人相手でも英語で話す時間を作るといいです。

 

例えば友達と

 

・食事中は英語で会話しよう! 

 ・今から1時間、日本語を話したら罰ゲームね!

・毎日20時までは日本語禁止にしよう!

といった感じで他の留学生とゲーム感覚でルールを作ると日本語を使う時間を簡単に減らせます。

 

【ワンポイントアドバイス

 

他の留学生の英語を絶対にバカにしない事

 

「あいつの発音下手くそじゃね?」

「あの人留学期間長いのに全然英語話せないよね」

みたいな感じで人の英語をバカにするのは絶対にダメ。(当たり前ですが。)

 

特に韓国や、中国など他の国の留学生が話す英語は聞き取りにくい部分もあるかもしれませんが

みんなそれぞれ頑張って勉強をしているのでそれをけなすような行為はしないでくださいね。

 

 

本当にあったフィリピン留学失敗談【食事編】

 

f:id:chankkk:20200202150908j:plain


 

失敗談13 学校の食事が合わなかった

 

フィリピン留学の語学学校は学校によってご飯が

 

日本食メイン

・フィリピン料理メイン

・韓国料理メイン

などに分かれています。

 

一番大変だなと感じた失敗談は

辛いのが苦手なのに韓国料理が多いの学校に行ってしまって全然たべれなかった

というもう最悪な選択をしたんだなとおもいました。

 

もう1つ男性に多い食事の失敗談が

1回の食事の量が少なかったという失敗

 

なので語学学校を決める際は

 

・食事の種類(何料理がメインなのか)

・食事の量

・食事の形式(定食みたいな感じなのか、ビュッフェ式なのか)

しっかり確認しておく事で留学中の食事で失敗をする事がなくなります

 

 

 

【最後に】事前準備である程度の失敗は防ぐ事ができる

 

今回は実際にフィリピン留学者が語った失敗談を13個紹介しましたが、

見てもらえばわかるように留学中の失敗は事前準備である程度は防ぐ事ができます

特に学校選びと留学前の勉強を雑に扱ってしまうと失敗にも繋がってしまいます。

 

ここに事前準備のチェックリストを載せておくのでメモをするなり覚えておいてくださいね

 

 

留学前の事前確認リスト

 

①フィリピン留学をする目的を明確に

②中学校レベルの英語の勉強を留学前にする

③留学の目的に合わせて学校の門限を確認

④日本語スタッフが常駐しているか

⑤食事の種類・形式

⑥授業・部屋の途中変更は可能か、変更料金

⑦ 水回りの綺麗さを画像で確認

⑧留学生の国籍や年齢の割合チェック

 

 フィリピン留学を失敗で終わらないためにも事前準備をしっかりとして留学を頑張ってください。

 

 

【次にオススメの記事はコチラ】

 

www.chan9.xyz