ちゃんちゃんブログの地球一周

セブ島留学3回、約1年のセブ島滞在、セブ島に来た日本人留学生100人にインタビューを元にセブ島情報、留学について、セブ島での英語の勉強の仕方などなどをほぼ毎日更新してます。

英語脳とは?フィリピン留学経験者が教える英語脳の作り方

英語が話せるようになりたい!

って思った時によく言われるのが、

 

まずは英語脳を作りましょう。

 

え?

英語脳ってなんですか?

ってなると思います。

僕もフィリピンのセブ島に留学した時に初めて「英語脳」という言葉を知りました。

 

 

今回は英語脳について説明をしていくんですが、大事なポイントが2つ

答えを先に発表してしまうと、

 

 

【英語脳とは】

英語を英語で考え、理解できるようになる事

 

【英語脳を作るためには】

とにかく英語を使いまくる

 

この2つが今回の「英語脳」についての答えです!

これだけでもう理解できてしまった人はもうこの記事を閉じちゃって大丈夫。笑

 

 

「もっと具体的に知りたい!」

っていう人は下の目次から自分の気になる所へ飛んでください!

 

 

【今回の目次】

 

 

 

「英語脳」とは? 

 

そもそも英語脳ってなんですか?というと、

 

①英語を英語で考える事ができる

②英語を英語で理解できるようになる

 

 

簡単な例で説明すると、

 

English is difficult っていう文章を読む時、

 

「English 英語」「difficult 難しい」と頭の中で日本語に訳し、

「英語は難しい!」と理解するように、

英語を日本で訳して理解をするのは英語脳ではありません。

 

 

外国人に急に英語で話しかけられたり、

英文をぱっとみた時など、

英語を頭の中で日本語に訳さず英語のまま理解できること英語脳です。

 

 

 

英語脳ができるとどうなるか

 

自分の脳が英語脳になると、

 

無意識で日本語より英語が先に出てきたり、

英語力の向上に役立ちます。

 

昔、アメリカから帰ってきたばかりの従兄弟に

「これって牛肉?豚肉?」って日本語で聞いたら

 

「ポーク!」

 

って英語で言われ、

「ちょっとアメリカ行ったからって気取るなよ」

って思ってたんですが、あれはきっと

まだ英語脳で日本語より英語が先に出たんだなって自分も留学をして思いました。笑

 

 

ちなみに、フィリピンのセブ島に住んでいる時の

超ゴリゴリ英語脳の時は、

 

・寝言が英語

・夢でも英語で話している

・酔っ払っても英語が出てくる

・とっさに出る言葉が英語

こんな状態でも勝手に英語を話せます。

 

かなり酔っ払ってた時に

「お前あんなベロンベロンだったのに英語話してたぞ」

って褒められた事があります。笑

 

 

 

どうやって英語脳を作る事ができるのか

 

僕もフィリピン留学中はゴリゴリ英語脳だったんですが、

最初の方にも書いたように、英語脳という存在を知らなかったです。

 

英語力0の僕がフィリピン留学でどうやって英語脳を作ったのか?

英語脳が自然にできた英語の勉強法は?

 

 

①文法は完全無視

②伝えたい単語が分からなくても無理やり英語で伝える

③初めて聞く英語も英語で理解をする

④文法すら英語で覚えた

 

この4つです。

これに関しては僕が実際にやった事なので、正解か不正解かは分からないですが

確実に効果が現れた方法です

 

 

①文法は完全に無視

まず大事なのはとにかく相手に自分の言いたい事を伝える事です。

 

僕の場合、文法を無視してたわけではなく、全く分からなかっただけですが。笑

英語初心者、英語力0の人は

無理に堅苦しい文法を使おうとせず自分の気持ちを相手に伝える事に集中しましょう

 

 

 

②伝えたい単語を無理やりでも英語で伝える

 

これこそ「英語脳を作る」という事に当てはまるので

絶対に覚えて欲しいんですが、

 

例えば、

「リンゴ」という単語を伝えたいけど英語でなんて言うのか分からない。

1番やってはいけないのが、辞書などで日本語で調べてしまう事

日本語で調べていたらいつまでたっても英語脳はできません。

 

どうするかと言うと、

 

リンゴに近い単語を相手に伝える事です

 

リンゴといえば、

「果物」「赤色」「木になる」

相手に、

「fruit」「red」「tree」など自分がわかる範囲の単語をいえば、

 

「あ〜!Apple!」

と理解をしてくれます。

理解をしてくれなかったら、理解をしてくれるまで他の単語で伝えます。

 

 

旅行でスムーズに会話をしたい時は翻訳機能を使えばいいと思いますが、

英語力をつけたい!英語脳を作りたい!と思う人はこの、

英語を他の英語で例えて理解してもらう事は超効果的なので

是非とも試してみてください!

 

 

③初めて聞く英語を英語で理解

 

これはさっき説明した②と真逆のもので、

 

相手が「Apple」と言ってるけど、自分が理解できない時

こういう時ももちろん翻訳機能は使ってはいません。

 

「食べ物?」

「果物?」

「何色」

と質問をしてapple = リンゴと理解できるまで英語で頑張りましょう!

 

 

 

④文法すら英語で習ってしまう

これは人によって異なりますが、

僕は英文法が全く分からなかったので留学中に英語で学びました。

 

文法を英語で学ぶと英語脳ができるのも確実に早くなります!

もちろん留学前にある程度覚えてくる事が1番良いですが、

留学に行ったら、英語で文法の授業も受けてみてください。

 

 

 

日本で英語脳を作るのは難しい!?

 

今回は「英語脳」について、

英語脳とは?

英語脳を作るためには?といった感じで説明をしましたが、

 

英語脳を作るにはとにかく英語を使いまくらなければいけないので

日本で英語脳を作るのは難しいんじゃないのでは?と僕は思います。

 

日本で生活をしていたら、どうしても英語より、

日本語の方が聞こえてきますし、日本語の文字は街中にたくさんあるし、

1日で1時間や2時間の英語の勉強で

脳まで英語漬けにするのはかなり大変だと思います。

 

 

 

日本に帰国後に英語脳はどうなるの?

 

超ゴリゴリ英語脳だった僕が帰国後にどうなったかというと、

 

まず帰国直後は、

人にぶつかった時、「ごめんなさい」より「Sorry」が先に出る。笑

 

何を気取ってるんだと思われがちですが、

英語脳になっていると勝手に英語が出てきます。笑

 

 

流石に数日、数週間も経てば、英語が出てくることもなくなりますが、

急に外国人から英語で話しかけられてもパッと英語で答える事ができます。

これは今でも変わりません。

 

ちょっとくらいは反応が遅くなったかもしれませんが

いきなり英語で話しかけられても全然平気で返事はできます。

 

 

という感じで今回は英語脳についての紹介をしました!

留学に行く人は、とにかく英語を使いまくれば、

自然と英語脳はできてくると思います。

 

逆に日本で英語脳を作ろうとする人は、

なるべく多く英語を耳にする

文字も日本語より英語を見るようにする

なかなか大変だと思いますが不可能ではないと思います。

 

 

ではまた次回!