ちゃんちゃんブログの地球一周

セブ島留学3回、約1年のセブ島滞在、セブ島に来た日本人留学生100人の留学相談をしたきた経験を元にセブ島情報、留学について、セブ島での英語の勉強の仕方などなどを更新してます。

【留学経験者が教える】英語が話せるようになるためのフィリピン留学授業の受け方

 

 

こんにちは、3回のフィリピン留学経験者のちゃんけんです

 

今回はフィリピン留学中の授業の受け方について紹介していくんですが、

特に「英語が話せるようになりたい!」っていう人向けに、

フィリピン留学で英会話力を向上させる授業の受け方についてです。

 

 

フィリピン留学で英会話力を鍛えるために大事なポイントが2つあります。

 

①先生の英語をしっかりと聞く

②とにかく自分で英語を話しまくる

この2つです。

 

 

1日約6時間、マンツーマン授業があるフィリピン留学でいかに

先生の英語を聞いて、自分が発言できるかというのが

フィリピン留学で英会話力を鍛えるコツになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

1:発音の授業を1日に2コマは入れる

 

フィリピン留学中の日本人100人以上に「何が1番苦手ですか?」と質問をしたら

「発音が苦手」と答える人が半分以上でした。

 

 

発音の勉強や練習は1人でやるのは難しいからこそ、フィリピン留学中に

英語のプロにしっかりと教えてもらい、発音の基礎を学んでおく事が大切です。

 

 

 

【フィリピン留学で発音を学ぶべきもう1つの理由】

 

いきなりですが、

僕の知り合いが英語ネイティブのCAさんに「ウォーター」って言ったら

コーラが出てきたそうです。笑

 

なんでウォーターって言ってコーラが出てくるんだよ!って思うかもしれませんが、

ネイティブと話す時に英語の発音が下手くそだと本当に全く違う事で解釈されます。

 

 

ですが、フィリピン留学の場合、

フィリピンの先生達は日本人の英語の発音に聞き慣れているので

下手くそな英語でもしっかり言いたい事を理解してくれてちゃんとした発音に直してくれます。

 

最初は下手な英語を使うのが恥ずかしくて自分が話すのに抵抗があるかもしれませんが

先生達がしっかりフォローをしてくれるのでフィリピン留学中に発音をしっかり学んでおく事をオススメします。

 

 

 

 

2:ノートに書く授業は受けない

 

フィリピン留学中の授業にも

単語のスペルチェックとか、日本の学校みたいにノートに書き写すだけの授業

などもありますが、はっきり言って時間の無駄です。

 

50分間の授業のうち、20分も30分も黙々と先生が書いたものを書き写すだけの

授業なら、フリートークや発音の授業に切り替えて

自分が英語を話していた方が英会話力を上げるために効果的です。

 

 

ノートを取る時は

 

・英語で気になった事

・新しく覚えた事

・後からもう1度見直したい事

などメモを取る程度にして英語を話す時間を多くするのがオススメです。

 

 

 

3:先生の英語をとにかくマネをする

 

授業中に先生が話す英語を全部小声でリピートするくらいの勢いで

先生が話す英語をマネしましょう。

 

真似をすることによって英会話に必要な

 

・発音

・イントネーション

・スピード

を自然な形で学ぶ事ができるので授業中に先生が単語とかフレーズを言ってくれたりした時は、ただ聞いてるだけでなく真似するようにしましょう。

 

 

先生の話がうまく聞き取れなかった場合は

恥ずかしがることは何もないので素直にもう1度聞き直して真似をするのがいいです。

 

 

 

4:英語初心者にグループクラスは必要ない

 

英会話力を伸ばしたい人の中でも特に英語初心者の方は

グループクラスは特に必要がないと僕は思っています。

 

ただせさえ発音の基礎がまだ学べていないのに、他の日本人や外国人留学生の

英語を聞いていても時間の無駄なだけです。

グループクラスをサボって授業がない先生や学校内のフィリピン人スタッフと

おしゃべりしていた方が僕は効率的だと思っています。

 

 

グループクラスは自分が話せる時間が10分あればいい方で

残りの40分はただ聞いているだけになってしまいます。

もちろん英語中級者や上級者はいろんな国の訛りがある英語も理解できるようになるのがベストですが英語初心者はまずはしっかりプロの英語から学んだ方がいいです。

 

 

 

 

5:授業で習った事を秒速でアウトプットする方法

 

授業で習った単語やフレーズを秒速でアウトプットする方法があるんですが、

どうやってやるかというと

「習った事を次の授業で実際に使ってみる事」です。

 

次の授業というのは

2時間目で習った事を3時間目の頭で、

3時間目で習った事を4時間目の頭でという事です。

 

 

2時間目の授業で習った事を3時間目の頭で使ってみて

3時間目の先生にも発音などをチェックしてもらうと、2人の先生にチェックしてもらえるので、より正確な英語を学ぶ事ができます。

 

 

変な話、

英語での下ネタやロマンチックな告白のセリフなどを教えてもらって

次の先生にいきなり話すと

「なんでそんなの知ってるの!」って会話が弾んだりもします。

 

 

下ネタとか面白いフレーズって会話が弾んだりするので

記憶に残りやすく覚えやすいです。(使わないかもしれないけど。笑)

 

 

 

 

6:すれ違う人全員に英語でコミュニケーションを取る

 

フィリピン留学をしていると授業以外でも先生とすれ違う事がたくさんあります。

誰かとすれ違う時に「Hello」でも「Good morning」と声をかけるだけでも

英会話力が伸びるスピードが変わってきます。

 

毎回すれ違うたびに英語でコミュニケーションをとる事で

とっさに英語が話せるようになったり、相手からの急な質問もだんだん答えられるようになってきます。

 

また、いろんな先生に声をかける事によって授業以外でも仲良くなって

声をかけてもらえたり、英語を教えてもらえるようになったりします。

僕は廊下ですれ違う先生に毎回発音チェックをしてもらってました。

 

 

小さな積み重ねこそが英語力を鍛えてくれるので是非とも試してみてください。

 

 

 

【最後に】とにかく話しまくる事がポイント

 

フィリピン留学では英語を話す事ができる機会がたくさんあります。

恥ずかしがって話さないのが1番もったいないです。

 

 

「発音下手くそだから話すのが恥ずかしい」っていう人がいますが、

下手くそだからこそたくさん話して、先生にたくさん直してもらって、

できるようになるまで練習して話せるようになります!

 

 

1日6時間くらいあるフィリピン留学の授業の中で

どれだけ自分が話せるかが話せるようになるためのポイントです。

今回紹介した事を忘れずに授業でたくさん英語を話してくださいね!

 

 

 

 

こちらの記事もどうぞ

www.chan9.xyz