ちゃんちゃんブログの地球一周

セブ島留学3回、約1年のセブ島滞在、セブ島に来た日本人留学生100人の留学相談をしたきた経験を元にセブ島情報、留学について、セブ島での英語の勉強の仕方などなどを更新してます。

睡眠時間が短い人は太る確率70%UP!?

日頃の睡眠時間が4,5時間の人は

 

7時間睡眠する人より太る確率が70%も高いって知ってましたか?

 

寝ている時もカロリーは消費されています。

ちゃんと睡眠を取っている人は順調にダイエットが進んでいくでしょうが、

睡眠をしっかり取らない人は痩せにくくなっていきます

 

 

 

なぜ寝るだけで痩せるのか

寝てるだけで痩せるわけないでしょ〜って思うかもしれませんが、

寝ている時には成長ホルモンが分泌され、その成長ホルモンの中に

脂肪分解作用があるので寝ている時もカロリーが消費されていきます。

 

睡眠をしっかりとらない人はこの成長ホルモンがあまり分泌されず痩せにくくなるのと

食欲を調整してくれるホルモンのバランスも崩れ

 

・甘いもの

・塩辛いもの

・炭水化物

などを食べたくなるそうです。

 

甘いものとか炭水化物は糖質のオンパレードなので、食べれば食べるだけ

太ってしまうでしょう

 

 

22時に寝ることができればパーフェクト

 

人は22時〜2時の間に睡眠をしているのが理想と言われています

22時から7時間睡眠だと、朝5時に起きる計算ですね。

 

22時に寝て、5時に起きて仕事や学校に行く前に運動をする

こんな超理想的な生活は僕も流石にできません、、、

 

社会人をしていたりすると気づいたら23時、24時って事もありますよね。。

さすがに22時には寝れない。という方は

 

夜中の2時3時は眠りについている状態を作りましょう

 

 

しっかり睡眠をとるためのコツとしては

 

・寝る前に携帯の画面を見ない

・部屋を暗くする(真っ暗ではなく薄暗い感じでもOK)

・布団に入る1時間前にお風呂(湯船)に入り、ポカポカの状態で布団に入る

・温かい飲み物で体を温めてから布団に入る

 

などの方法があるのでぜひ試してください。

 

 

 

早寝をしたら本当に痩せれるかも?

 

いつもは1時くらいに寝てたけどこれからは23時には寝よう

という感じで早寝を心がけると、

 

夜食を断ち切ることができます

 

ダイエッターのための夜食はこれだ!

みたいなヘルシー夜食もありますが、実際問題は

食べないのが1番良いです

 

早寝をするようになり、夜食も断ち切ることが出来れば

今よりさらにダイエットが捗ることでしょう!

 

 

また、寝る前ルールとして

 

・睡眠3時間前からもう何も食べない

・夜は糖質を控える

 

この2個をしっかり守れるようにしましょう

 

 

 

まとめ

 

今まで睡眠時間が4、5時間しか取れていなかった人は頑張って1時間、2時間

睡眠時間を増やしてみてください。

 

しっかり睡眠をとることで

・集中力

・食生活

・減量生活

 

いろんな場面で効果を発揮してくれます。

 

良い睡眠をとってダイエットを成功させましょう!

ではまた次回!

 

今夜スッキリぐっすり眠れる「男のダイエット」ボタン、

ワンクリック、ワンタップお願いします!

にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村